地盤改良工事

  • HOME
  • 地盤改良工事

どんな建物も必ず地面の上に立つ
「だから考える地盤の大切さ」

家族の健康と生命は地盤から!

様々なこだわりが詰まった夢のマイホーム。
そのどんな家も必ず地面の上に立ちます。
当たり前のようなことですが実はここが非常に重要なポイントです。

ピサの斜塔は名前のとおり斜めに傾いています。
これは建設した土地が柔らかく、建物の重さに耐えられるだけの強さがこの土地に無かったため、不均一に建物が沈んでいること原因です。

このような現象を不同沈下といいます。
ピサの斜塔は不同沈下して世界遺産となりましたが、同じことが皆様のお住まいでも起こる可能性はございませす。

どんな建物も必ず地面の上に立つ「だから考える地盤の大切さ」

「扉などのしまりが悪い」「外壁や基礎にヒビが入った」「家自体が傾いている気がする」など仰られる方が多いです。このような現象は不同沈下が原因となっている場合がほとんどです。

時として不同沈下は、住んでいる人の健康被害を発生させ、傾きがひどくなると住み続けるのが困難になります。最終的には取り壊しというケースもございます。

家族の健康と生命、そして大切な財産を守るためにも目に見えない地盤にも目を向ける必要がございます。

建設工事のトップバッター
地盤調査

建設工事のトップバッター 地盤調査

基礎工事の前に、地盤の確認を行い建物の重さを支えるだけの強さがその土地にあるかどうかを調べます。

左は地盤調査の様子です。戸建て住宅では、写真で使用されている機械を使ったスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査方法が主流となります。

5kg~100kgまでの重さを段階的にかけていき、スクリューポイントと呼ばれるらせん状のロッドを地面にねじ込んでいきながら地面の固さを測定していく方法です。

地盤調査ではとれるデータも重要ですが、「土地のある場所」「取り囲む環境」「リスク」「土地の生い立ち」などが重要となります。

建設工事のトップバッター 地盤調査

調査時に測定したデータのみで地盤の良し悪しを判断しようとすると重大な見落としが発生する危険もあります。地盤調査時には調査機からとれるデータと調査員による現地調査の結果を踏まえて、住宅の土台となる基礎の形状の選定や地盤補強工事の有無を考察していきます。

この考察にはあくまでも地盤保証会社からの客観的判断が必要だと当社では判断しておりますのでオーガニック地盤保証BIOSに考察を依頼しております。

改良工事が必要と判断されたら…
天然砕石地盤改良 
HySPEED工法

改良工事が必要と判断されたら…天然砕石地盤改良 HySPEED工法

先の地盤調査の結果、地盤補強工事が必要と判定されたら何かしらの補強工事が必要となります。
この補強工事が必要な宅地の割合は東京都ではおよそ4割ほどです。
せっかく購入した土地が軟弱地盤でもしっかりとした補強工事を行えば長く住宅を支えられますのでご安心を。

また、当社では建物を支えるのみではなく、工事をしたその後のことまでをしっかりと考え、そこに住む人や将来、そして地球環境まで守れる天然砕石のみを使用した地盤改良工事「HySPEED工法」を採用しています。

HySPEED工法とは

地盤改良工法『HySPEED工法』とは、セメントなどの固結材を一切使わずに、砕石という天然素材だけを利用して軟弱地盤を改良する工法です。

HySPEED工法の設計規定

改良工事が必要と判断されたら…天然砕石地盤改良 HySPEED工法

適用構造物

  1. 地上3階以下
  2. 高さ13m以下
  3. 延べ面積1,500m²以下(平屋に限り3,000m²以下)

適用地盤

  1. 粘性土地盤、砂質土地盤

特許・認定など

特許

「地盤補強工法」として平成20年8月特許取得済み
公開番号:特開2008-196249
登録番号:特許4373451

NETIS新技術情報提供システム

新技術情報提供システム(NETIS)とは、「公共事業などにおける技術活用システム」によって蓄積された技術情報のデータベースで、直轄事業および補助事業に係わらず公共工事に活用できる技術を可能な限り網羅したものです。

NETIS新技術情報提供システム

新技術情報提供システム(NETIS)とは、「公共事業などにおける技術活用システム」によって蓄積された技術情報のデータベースで、直轄事業および補助事業に係わらず公共工事に活用できる技術を可能な限り網羅したものです。

性能証明

一般財団法人 日本建築総合試験所
新規 GBRC 性能証明 第09-20号(2009年11月10日)
改訂1 GBRC 性能証明 第09-20号改(2011年11月4日)
改定2 GBRC 性能証明 第09-20号改2(2013年12月25日)
改定3 GBRC 性能証明 第09-20号改3(2016年12月20日)

CO2の排出

砕石だけを使って締め固めるので、CO2の排出はほとんどありません。
HySPEED工法による地盤改良を推進することで、地球の温暖化防止に貢献しています。

HySPEED工法の説明動画

9つのポイント

地震時の衝撃に強い

地震時の衝撃に強い

砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。

環境に配慮した工法

環境に配慮した工法

天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。すなわち住人の健康被害を起こしません。

産廃費用が発生しない

産廃費用が発生しない

Hyspeed工法は、地中に産業廃棄物となるものではないので将来土地の売却時にかかる埋設物の撤去費用が発生しないので、資産価値も目減りしません

リユースで地球に貢献

リユースで地球に貢献

将来、家の建て替えをする時も、同程度の家であれば繰り返し使えます。

液状化対策工法

液状化対策工法

地震時の液状化を「ドレーン効果(排水効果)」により抑制します。

パーフェクトな工事保証

パーフェクトな工事保証

日本大手保証会社の認定工法です。地盤そのもの保証となり、環境に優しく資産価値の高い地盤の維持を保証いたします。

CO₂を5,000㎏削減

CO₂を5,000㎏削減

砕石しか使わないことにより、他の工法に比べCO₂の排出を少なくします。

無公害工法

無公害工法

天然採石パイル工法だと六価クロムの発生リスクがありません。
家族と土地の健康を大事にできる工法となっております。

劣化しない永久地盤工法

劣化しない永久地盤工法

セメント改良や鋼管杭のように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤法です。

地盤保証 BIOS「ビオス」

地盤保証 BIOS「ビオス」
地盤保証 BIOS「ビオス」

昨今、長寿命で環境に配慮した住まいのニーズが高まってきています。
セメントゼロのオーガニック地盤保証BIOS(ビオス)は、そうした次代のニーズを見据え、地盤の強さだけでなく、土壌の汚染についても確固たる基準を設けることで、地盤を公正に調査・解析し、環境汚染の心配のない安全な地盤を保証します。

BIOS3つの安心

土壌汚染の無い地盤の実現へ

土壌汚染の無い地盤の実現へ

セメントを土と混ぜると、化学反応をおこし「六価クロム」という有害物質が発生する危険があります。「六価クロム」とはアスベストに並ぶ二大発ガン性物質の1つで、IARC(国際がん研究機関)からもリストアップされています。

資産価値低下のない地盤の実現へ

資産価値低下のない地盤の実現へ

セメント系の地盤改良をする以上、土壌汚染が見つかると浄化費用がかかり、そして、地中埋建設物撤去費用のリスクはなくなりません。

不同沈下のない地盤の実現へ

不同沈下のない地盤の実現へ

地盤事故はなんと10,000件に1件以上の確率で発生すると言われています。皆さんご存知の宝くじ1等当選確率が1/1,000万と言われていますので、単純比較しても、宝くじ1等が当たるよりもはるかに高い確率で地盤事故は起きているのです。

プレ地盤診断サービス
「BIOSCOPE」

見えない地盤の品質を見える化
プレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」

見えない地盤の品質を見える化 プレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」

土地は価格と立地だけで決めていませんか?

土地購入の検討中の方やや建設予定地がすでに決まっている方は土地の品質まで見ることをお勧めします。ピンポイントで地盤のリスクを見れるBIOSCOPEはきっとあなたの土地探しに役立つはずです。

資料はこちら

通常の地盤診断との違い

住宅会社相談

土地確定

プラン検討

見積・資金計画

建築請負契約

地盤調査

通常の場合:地盤調査のタイミングで地盤改良が発生するかどうかがわかる。
BIOSCOPEの場合:土地確定のタイミングで地盤改良の可能性を検討することで、予算を組みやすくなる。

BIOSCOPEのメリット

BIOSCOPEのメリット
  1. 契約前に地盤改良の必要性を診断して、地盤改良で発生する費用を事前に見込める。
  2. 初めから地盤改良が発生しにくい土地を選べる。
  3. 地盤改良で使うはずだったコストを住宅自体のグレードを高めるために使える。

住宅プレ地盤診断レポートについて

当社へ「調べたい土地の住所と地図」を送っていただくだけで、即日でレポートの発行ができます。無料会員に登録していただくことで利用でき、費用は一切無料です。無料会員の方には、活用方法の具体的なトークも公開しております。

登録ご希望の方は、お電話いただくか、メールかFAXにて「BIOS会員登録希望」と記載して申込ください。担当者よりご連絡いたします。
(ご登録、ご利用、すべて無料です。ご安心ください)

お問い合わせ

福島興業株式会社へのご相談はこちら

TEL:03-3329-2889

営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休

お問い合わせ